HOME > 矯正開始時期と治療期間

矯正開始時期と治療期間

治療開始時間と期間

何歳ぐらいから矯正ってはじめたらいいの?

何歳ぐらいから矯正ってはじめたらいいの?のイメージ

欧米では、子どもの矯正(小児矯正)は以前から取り組まれ入る治療方法です。

子どもの矯正は、2つ分かれていて、第1段階治療は、生え変わり管理や口腔内のバランスを整える、顎の骨の大きさやバランスを整える方法と、第2段階治療(歯列矯正)の歯の位置を整える方法からなる2つの治療段階があります。第1段階治療の骨格矯正は、お子さまの顎の骨がまだ柔らかく、成長していくお子さまのみにできる治療です。

第1段階治療(骨格矯正)であごの骨のバランスを整えると、大人の歯がきちんと並ぶ土台が出来上がりますので、第2段階治療(歯列矯正)が必要ないケースもありますし、又、大抵の場合、短期間の矯正で治ります。
もちろん、すべての歯並びの問題が子供の矯正に適応する訳ではありませんが、永久歯が生え揃って、成長が止まってから治療した方が良いケースもあります。

 

小児矯正治療にかかる治療期間

小児矯正治療にかかる治療期間のイメージ

お子さんのあごの成長の仕方や、矯正の治療開始時期などによってそれぞれ異なってきますが、第1段階治療で2~3年、第2段階治療で1~2年くらいの治療期間が目安です。子どもの頃から矯正をしておかいないと第2段階の治療が2~3年になる事が多いので早めに矯正治療を受けるようにしましょう。

第1段階 治療にかかる期間(2~3年)

第1段階治療は、基本的に歯が永久歯に生え変わるまでの期間の治療になります。お子さんの年齢でいうと、乳歯が永久歯に生え変わり始める6歳頃から、全ての永久歯が生え揃う12歳頃までです。骨格的な出っ歯や受け口、顎のずれ等の改善、永久歯の並ぶスペースを作るために顎の大きさを拡げるなど、この時期にしか効果を得られない成長を利用した重要な治療を行っていきます。期間は長いですが、装置をつける期間は短くなります。

第2段階 治療にかかる期間(1~2年)

第2期治療は、永久歯が生え揃ってから行います。ブラケットをすべての歯に装着し、細かい治療を行います。
ブラケットは歯をきれいに整え、最終的な正常な咬み合わせを作ることを目的としています。

矯正を始める時期のポイント

6歳~小学生・中学生
6歳~小学生・中学生のイメージ

成長期でもあるこの時期は、患者さんの症状により対応が変わってきます。
矯正治療の開始時期は、患者さんそれぞれに違う咬み合わせの状態や上下のアゴの位置関係、体やアゴの成長や歯の生え替わりの状況など、さまざまな症状と条件を考慮した上で決められるものです。

例えると、成長時期の受け口の患者さんと、出っ歯の患者さんと比較すると治療の内容や装置が異なってくるため、治療開始の時期全く違ってきます。似ているな症例であっても、他の症例との組み合わせや年齢や成長過程により、矯正治療の開始時期が違ってくるケースもあります。

患者様によって異なる治療開始の時期を判断するのは、一般人にとって極めて困難です。インターネットや書店の本などで調べても、その人によってお口の中も成長も違うので、患者様にあった最適な治療時期・内容を判断することは難しいのです。

前もってに患者様が知識を持って頂くために、様々なでネットや誌面で情報収集をすることは間違いではありませんが、それがかえって患者さんが正しくない情報に混乱を招く場合もあります。

中学生~高校生

歯が生えそろい体の成長も落ち着いた高校生以上の方や、大人の方は、基本的にいつでも矯正治療を始めることが可能です。(※他の歯科的な問題ある場合は相談が必要です。)歯並びが気になったら、当院にご相談下さい。
(※高校生でもまだ成長することが予想される場合は、開始せず様子を見ることもあります。)
また装置が気にならない様に、見えない矯正もおすすめしております。期間や開始時期についての詳しい事は当院までお気軽にお問い合わせ下さい。

京都子ども歯並び相談室~トミイ歯科・矯正歯科~ 簡単予約 お気軽にご相談下さい。075-311-3185 受付時間 9:30~13:00 / 14:30~19:00 ご予約!!お問い合わせの流れ!! 1.「ホームページを見た」とお電話頂きましたら、非常にスムーズにご予約いただけます 2.お名前、ご希望のご予約日時をお伝え下さい。 3.お越しいただく前に、なんでも気になる点はお気軽にお申し付け下さい。